CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

CATEGORIES

archives

2018.05.16 Wednesday

スクワットシリーズ第2弾「膝関節の向き」=膝のお皿の向きです。

0

    お元気様です(^O^)

     

    心 大トレです。

     

     

    なぜ膝の向きが最重要ポイントなのか。?

     

     

    膝はデリケートな関節と言われるくらい

     

     

    関節の中であまり強い方ではありません。

     

     

    だから膝にストレスや負荷が掛かる

    間違ったフォームでスクワットをすると

     

    ケガの原因になります。

     

     

     

    でも、

     

     

     

    スクワットは屈伸運動だから=

    もろ膝の運動ですよね!?

     

    膝はかなり使いますよね!?

     

    と思われた方

     

    ごもっともです。

     

     

    膝は当然曲がります曲がらないと

     

     

    スクワットはできません。

     

     

    膝を中心に曲げていくのではなく

     

    足首が90度になり

     

    股関節を中心に動かすことで

     

    膝は自然と曲がっていきます。

    (理想です)

     

     

     

    下の写真の膝の向きを注視してみて下さい!

     

     

     

    つま先の向きと膝のお皿の向きが合ってないです。

     

     

    つま先は45度の角度で開いていますが

     

     

    膝のお皿は足首の内側を向いています。

     

     

     

     

     

    下の写真では、

     

    つま先45度に開いて

     

    膝のお皿の真ん中が親指と人差し指の間あたりを向いています。
     

     

     

     

     

    上の写真は膝のお皿の向きとつま先が合っています。

     

     

    とてもきれいなバランスです!

     

     

    ではどうしてこの位置に膝が調整できたのか?

     

    この状態は、ある筋肉が収縮して

     

    ある筋肉が伸びている状態が次のテーマになります。

     

     

    次回、スクワットシリーズ第3弾

     

    〚不安定な膝を安定させるための2つの大きな筋肉の使い方〛です。

     


    コメント
    コメントする